組合概要

名称ニュートロン次世代システム技術研究組合
Technology Research Association for Neutron Next Generation System (略称:T-RANS)
所在地351-0007 埼玉県朝霞市
設立2020年9月1日
理事長大竹 淑恵
主な事業内容中性子非破壊計測技術の確立に向けた検査技術の標準化
主な取引銀行みずほ銀行
組合員国立研究開発法人理化学研究所
国立大学法人東京工業大学
オリエンタル白石株式会社
タイム株式会社
クリアパルス株式会社
株式会社千代田テクノル
株式会社福山コンサルタント
パシフィックコンサルタンツ株式会社
大日本コンサルタント株式会社

組合設立の目的

中性子による社会インフラのコンクリート構造物内部の塩分計測技術、および橋梁床板の滞水による内部劣化の可視化技術を確立し実用化に資するために、これら中性子非破壊検査技術の標準化(「コンクリート橋の塩害に関する特定点検要領(案)」等への反映等)を目的とする。

計測技術の方向性

コンクリート構造物の塩害劣化、および橋梁床板の滞水による内部劣化に対する予防保全に資する計測性能を、実用的な小型過般装置で実現し、放射線にかかる安全性を含めた現場での検証をおこない、標準化を目指す。

塩分濃度測定イメージ
道路非破壊検査イメージ

事業化の目途の時期

2021年度を目安に、中性子を利用した測定装置として現場試験研究をおこなう。

組合沿革

2020年09月 設立。

2020年12月 技術研究組合運営懇談会に加入。

アクセスマップ